「いい唾液の日」
制定記念式典が
挙行される

2021 1128日(日)

 記念章

国民の健康増進を唾液ケアから考える 日本唾液ケア研究会理事長槻木恵一(神奈川歯科大学教授)は、この度、11月28日を一般社団法人日本記念日協会に申請をし厳正な審査を受け「いい唾液の日」に登録認定されました。

理事長挨拶
1

いい唾液の日の意義について

 主に血液から産生される「唾液」は生体情報を多数含むだけでなく、口腔からの感染防止など、ヒトの体にとって極めて機能的な役割を果たし、「天然のワクチン*」「天然の万能薬」とも考えることができます。

 「いい唾液の日」は、日付の11と28で「いい(11)つば(28)」と読む語呂合わせから決定しており、この制定をきっかけに多くの人に「唾液」の役割を周知するとともに、口腔から全身の健康増進を心がけてもらうことを目的としています。とくにこれからの季節に感じやすい口腔内の乾燥に対して「唾液ケア」をより意識してもらう必要性もある時期であることから11月が選ばれました。

 是非とも、多くの医療関係者の方には、地域医療の中で健康長寿の実現のために、企業関係社の皆様には自社製品のキャンペーンに使うなど普及周知に努めていただければ幸いです。

*「感染症予防において最も重要かつ効率的な物質」という意味で用いた。

祝辞
1

学校法人神奈川歯科大学 鹿島勇理事長

祝辞として,自らが行ってきたドライマウスへの取り組みから唾液の重要性,大学での唾液科学研究所設立などの取り組みとともに,本会への期待を述べた.
記念コンサート
1

ビバルディの春などの演奏

ヴァイオリン 大塚 野乃子  Violin Nonoko Otsuka

 東邦音楽大学付属東邦中学校、高等学校を経て同音楽大学卒業。卒業後渡欧しウィーン市プライナー音楽院卒業。オーストリア政府によるディプロムを取得。公式ホームページhttps://www.nonokootsuka.com/

ピアノ 米根 弥恵 Pian Yae Komene

 東邦音楽大学卒業後、伴奏・室内楽を中心に活動。ヴァイオリンとのデュオやアンサンブルでのリサイタル、木管楽器や歌とのリサイタルを国内外で行う。

 

記念講演

唾液の全身における感染症予防のメカニズムと歯科医療 ―日本唾液ケア研究会の果たす役割も含めて―

疾患が発生する内因・外因に注目する「環境病理学」の考えから,医科の病因論では解釈できないう蝕の病因論など,歯科の病因論に基づいた体系を必要とすることを指摘した.さらにIgAに注目してきた研究成果から,腸-唾液腺-口腔のサークルというモデルを提案,「唾液腺健康医学」の提唱やIgAへ注目した「唾液ケア」の考え方を述べた.
日本唾液ケア研究会設立総会
3

NPO法人化を議決

日本唾液ケア研究会NPO法人化設立総会では,今井裕氏(日本歯科専門医機構理事長,日本有病者歯科医療学会理事長)の祝辞の後,総会が開催され,法人化の方向で取り組みが決定された.